プノンペン経済特区社、2017年のカンボジア正月を祝う

2017年4月8日、プノンペン経済特区はカンボジア正月を祝うイベントを開催しました。20,000人以上の従業員たちがこのイベントに参加し、ワーカーたちによる「タレントコンテスト」やコンサートで大いに盛り上がりました。

今年のタレントコンテストは「Sangkranta Posenchey PPSEZ Idol 2017」という名称で開かれました。カンボジア正月のお祝いは、労働職業訓練省のモーム・ヴァナック長官、カンボジア開発評議会(CDC)経済特別区・投資委員会のチア・ブッティ副長官、女性省のシヴァン・ボトゥム長官、そしてプノンペン経済特区社のリム・チホー会長により実施されました。

リム・チホー会長は、「ここで働く人々は、熱意をもって仕事に取り組み、それぞれの雇用者に対し素晴らしい結果を見せています。私たちは、その成功を共に分かち合い、祝いたいと思います。みなさんは、がんばれば、それぞれの人生においても、経済活動においても報われるということの素晴らしい証です」と、話しました。また、「私たちの経済特区には、コカ・コーラ、味の素、デンソー、ミネベア、スミ・ワイヤリングシステムなど、国際的によく知られる企業が入居しており、彼らは熟練された技術やその訓練を通して、カンボジアの産業全体を底上げしています。さらに、伸びゆくカンボジアの労働環境をもつくり上げ、支えていることを実感していただきたいと思います」と語りました。

 

参加者たちは、カンボジアで人気の歌手やバンド、コメディアンなどを招いたステージを大いに楽しみました。また、プノンペン経済特区の「スター誕生」では、100人余りの応募者から、入賞者が選ばれました。歌やダンスなどの厳しい予選を勝ち抜いた3チームがこの日の決勝戦に進出しました。この準備のために、多くの企業が、出演者を応援し、またこのイベントそのものを支えてくれました。

 

プノンペン経済特区社のシニアマネージャー、ミッシェル・ザオは「このようなコミュニティイベントを通して、プノンペン経済特区社と入居企業、さらに従業員のみなさんとのつながりが強くなれば、と願っています」と、話しました。また、「プノンペン経済特区で働くみなさんの献身的な努力に対し、お礼を言いたいと思います。ここで働くワーカーの皆さんは、素晴らしい団結力と支え合う心を示してくれました。私たちはこのコミュニティをさらに発展させ、カンボジア全土の皆さんに雇用の機会を引き続き提供できるよう、努めて参ります」とも、話しました。

Phnom Penh Special Economic Zone
National Road No.4,
12509 Khan Posenchey,
Phnom Penh, Cambodia.

電話:
+855 (0)23 729 798
ファックス: +855 (0)23 729 799

ホットライン
015 668 544 - 電力ホットライン
086 581 777 - 警備ホットライン