活動/お知らせ

Phnom Penh SEZ PLC. held Annual General Meeting ("AGM")

The Kingdom’s leading economic zone, the first private Cambodian company on the Cambodian Stock Exchange, received strong approval for its strategy from shareholders

Phnom Penh, 20th April 2018 – On Friday 20th, Phnom Penh SEZ Plc. (listed on the Cambodian Stock Exchange under PPSP) board of directors recapped on financial performance and key activities in the fiscal year 2017, and briefed on the business plan 2018.

“We started the year 2017 with a concrete roadmap to sustainably fuel our future growth. We set ambitious directions and strategies by emphasizing on our competitive advantages within the industry in Cambodia. We have employed these strategies as a framework for our business operations, which we regularly monitor to ensure the achievement of our short- and long-term goals. In particular, the company endeavors to increase its non-land sales revenue portion to 50% by the year 2020. Enabled by an efficient financing strategy, we aim to expand our businesses both vertically and horizontally,” said Lok Chumteav Okhna Lim Chhiv Ho, Chairwoman of Phnom Penh SEZ Plc. in her introduction speech.

“Our net profit for 2017 is US$ 1.68 million, an increase of 16.24% on the year 2016,”says Mr. Fong Nee Wai, Chief Financial Officer of Phnom Penh SEZ Plc.“Our debt-to-equity ratio, a key financial indicator on capital structure, improved to 0.51X from 0.55X in 2016.” He also emphasized on the company’s growth by incorporating more subsidiaries and associates after Initial Public Offering (IPO) to generate more recurring income

During the AGM, Phnom Penh SEZ Plc’s shareholders have approved the minutes of the Extraordinary General Meeting from 22nd December 2017, as well as the 2017 financial statement (finalized on 31 December 2017). Both resolutions were unanimously embraced by the shareholders. In the meantime, Mr. Tanate Piriyothinkul, non-executive director, has been re-elected and appointed for two more years.

The AGM was also a great occasion for Phnom Penh SEZ Plc’s board of directors to present the company’s future development plans to the shareholders. The industrial estate is currently diversifying its offerings to investors into the Cambodian economy by expanding its business model. In addition, they also shed light on potential socially impact housing project in Phnom Penh SEZ: “We plan to allocate 7 hectares of land to develop affordable housing project.” says Hiroshi Uematsu, Chief Executive Officer of Phnom Penh SEZ Plc. “Our main target is the workers inside Phnom Penh SEZ. Currently, we are preparing design contest to make sure that we will come up with the best design. Our primary target is to build livable community.”

ポイペトPPSEZに初の入居企業

ポイペトPPSEZが初めての入居企業であるスミトロニクス・マニュファクチャリング(カンボジア)社をお迎えしました。

プノンペン4月10日―ポイペトPPSEZ社(プノンペン経済特区社の100%子会社)リム・チホー会長と、スミトロニクス・マニュファクチャリング(カンボジア)社の三船紀也社長が、ポイペトPPSEZの土地賃貸契約に署名をしました。電子部品メーカーである同社は、この経済特区の最初の入居企業となりました。

スミトロニクス・マニュファクチャリングは、2016年からポイペト地区のレンタル工場で操業していましたがこのたび、ポイペトPPSEZ内に自社工場を建設することを決断しました。 

ポイペトPPSEZ社の上松裕士CEOは、「スミトロニクス・マニュファクチャリングをこの経済特区にお迎えすることを大変誇りに思います。同社はこの経済特区の最初の入居企業となりました。近い将来、もっと多くの企業がこの経済特区においでになると期待しています」と、語りました。

スミトロニクス・マニュファクチャリング社との今回の契約は1ヘクタールの区画ですが、近い将来、さらに1ヘクタールの拡張が検討されています。土地賃貸の手続きが終了次第、工場建設に向けた準備がスタートします。

上松CEOは、「ポイペトは、地の利がよく、豊富な若い労働力がある場所で、ASEAN地域の産業発展において最も注目される地域のひとつとなっています。特に、『タイプラスワン』の事業展開をする企業にとっては注目の地です。カンボジア政府も、鉄道の修復や道路の拡張など、国境をまたいだ経済活動の発展に力を尽くしています」と、話しました。

今回の署名は、ポイペトPPSEZとポイペト市にとって、カンボジアの経済のけん引力となるための重要な第一歩となるでしょう。

プノンペン経済特区のクメール正月フェスティバルに27,000人が参加

成長するカンボジアの一年を締めくくるフェスティバルが、プノンペン経済特区で華やかに開かれました。

プノンペン、4月2日━プノンペン経済特区恒例のクメール正月フェスティバルが3月21日夜、今年も開かれました。毎年大人気のタレントコンテスト、「ソンクラン・PPSEZアイドル2018」も開かれ、集まった約27,000人の観客を魅了しました。フェスティバルは、女性省のIng Kuntha Phavi大臣、労働職業訓練省のIth Samheng 大臣の代理であるSeung Sor Socheta長官、カンボジア開発協議会のChea Vuthy事務次長をはじめ、米国、タイ、インドネシアの各カンボジア駐在大使、日本大使代理、カンボジア女性起業家協会の会員など多数の素晴らしいお客様をお迎えしました。

プノンペン経済特区社のリム・チホー会長は、コンテストの入賞者を称え、「このイベントを2014年から続けていますが、5回目の今回も大成功となりました。多くの皆さん、特にここで働くたくさんの皆さんに楽しんでいただきました。このイベントはクメール正月を祝うためのものであると同時に、5月1日のメーデーを祝うものでもあります。コンテストは。ここで働く方々の隠れた才能を発掘し、プノンペン経済特区の働く現場で身に付けた力を発揮する場でもあります。まだ若い工場ワーカーの皆さんですが、このフェスティバルに参加することで、多くの人々に皆さんの勇気と、可能性と才能を示すことができたと思います」と、述べました。

Seung Sor Socheta労働職業訓練省長官は、「プノンペン経済特区の主催によるクメール正月フェスティバルは5回目となり、広く知られるようになりました。5月1日のメーデーのお祝いもかねています。たくさんの投資家たちも参加し、ワーカーの皆さんが楽しく、生き生きと働ける環境づくりに貢献しています」と、語りました。

さらに長官は「コンテストの出場者たちは、愛らしく、芸術の才能や技術があるだけでなく、労働者としての権利や利益を向上させる労働にまつわる法律についてもよく理解しています。だからこのコンテストは、労働者のみなさんが自分たちの仕事を愛し、働けることに感謝をし、生産性を向上し、労働関連の法律を遵守することにもつながっています。労働職業訓練省は、このイベントを今後も応援し続け、もっと多くの労働者の皆さんが参加するようになることを願っています」と、続けました。

女性省のIng Kantha Pavi大臣は、このイベントは経済特区で働く人たちに彼らの才能や努力の成果を披露する機会を与えるものだ、と言いました。そして、「私たちは、カンボジアが安全で平和であるがゆえに、この素晴らしいイベントを楽しむことができます。そして経済特区の外であっても、仕事を見つけることができるようになりました。どうか皆さんは、より多くの投資家たちがカンボジアへの投資に関心を持ち、もっと多くの雇用をこの国に創出するようになるよう、一生懸命に働いてください」と、述べました。

フェスティバルのタレントコンテストには、プノンペン経済特区内の向上で働くワーカーからたくさんの応募がありましたが、この日の最終選考には10人が残りました。ファイナリスト10人は、歌やダンスなどそれぞれレベルの高いパフォーマンスを自信を持って披露し、観客から喝さいを浴びました。

10人のパフォーマンスの後、大臣や大使たちからなる審査委員により、SOEM Chanthol さんと LY Rynaさんが優勝者に選ばれました。Chantholさんはミネベア(カンボジア)、RynaさんはLaurelton Diamonds (Cambodia)に勤めています。第2位のPANG SreytouchさんはKaneju (Cambodia)、SAM SopheapはMega Labels & Stickers (Cambodia)に、第3位のDOEUN Chantheng さんとYIN Phearonさんは、それぞれマルニックス(カンボジア)と、Kuipo (Cambodia)に勤めています。

このイベントでは、安全対策も万全でした。イベント会場には十分なセキュリティを配備し、消防隊や医療スタッフも待機しました。イベント参加者の安全を保証するのが、プノンペン経済特区のスタイルです。

このイベントのもう一つの魅力は素晴らしいステージでした。伝統舞踊と現代舞踊、さらにはカンボジアのトップスター、Preap SovathさんとKhat Sokhimさんのパフォーマンス、そしてPeakmiコメディのステージも大いに楽しんでいただきました。

プノンペン経済特区で、日タイ経済協力協会が新人研修

プノンペン経済特区社は3月26、27の両日、泰日経済技術振興協会(TPA)と協力して初めての新人研修を実施しました。バンコクを拠点とする泰日経済技術振興協会は、1972年に東京に設立された日タイ経済協力協会とともに、40年以上にわたって職業訓練を実施している実績があります。今回の2日間にわたる研修プログラムには、プノンペン経済特区の入居企業から27人の参加者がありました。 

今回の研修の内容は、主に会社の規則、従業員の役割と責任、チームワーク、仕事と生活、職場での積極的な姿勢、基本的な安全、身なりと衛生、カイゼンの5Sなどについてでした。参加者は活発にグループ討論に参加し、お互いの考え方や意見を交換していました。ここで学んだことをそれぞれの職場でどう活かすかについてもさまざまな意見が出たようです。研修は大変充実した内容でした。

プノンペン経済特区で3月31日にクメール正月祭りタレントコンテスト、カンボジアスターのステージに27,000人

(プノンペン、3月19日)今年で5回目となるプノンペン経済特区社主催のクメール正月祭りが3月31日に開かれます。プノンペン経済特区で働く人たちみんなが参加できるお祭りです。注目は、「ソンクランPPSEZアイドル2018」。入居企業で働く人たちのなかから、事前審査を経た参加者が大観衆の前で華麗なパフォーマンスを見せ、審査員が今年のアイドルを決定します。また、カンボジア伝統舞踊から現代舞踊、そしてKhat Sokhim、Preap Sovath、コメディアンのPeakmiが登場して祭りを盛り上げます。およそ27,000人もの人たちが参加する見込みです。

 

プノンペン経済特区社のシニアマネージャーで、この祭りの責任者でもあるHun Chanpeyは、「私たちはプノンペン経済特区で働く人々を大切に思い、尊敬しています。そして、協力して労働環境を改善していくためには、みなさんの必要としていることを理解することが重要です。クメール正月を、ソンクランPPSEZアイドル2018の開催とともに祝い、ワーカー、投資家、関係者のすべてが、プノンペン経済特区チームとなって互いの関係を深める機会になると思います。みなさん、おおいに楽しみましょう」と、話しています。



この祭りを最初に発案したプノンペン経済特区社のリム・チホー会長は、「この祭りが5年目を迎えることは私たちにとって大きな喜びです。すべての参加者、関係者に感謝をします。今回も、労働職業訓練省のIth Sam Heng大臣、女性省のIng Kuntha Phavi大臣、カンボジア開発評議会のSok Chenda Sophea事務局長、在カンボジアの各国大使、カンボジア女性起業家協会のメンバーなど、たくさんの来賓をお迎えすることを光栄に思います」と、話しています。



また、プノンペン経済特区社の上松裕士CEOは、「このイベントのスポンサー、パートナーはじめ、支えてくださる皆様に感謝いたします。また、プノンペン経済特区社のチームは、イベントの成功に向けて大変な努力を積み、素晴らしい仕事をしています」と、言います。さらにこう付け加えました。「このイベントを始めたとき、10000人のワーカーが参加しました。今回はその3倍近い人たちの参加が見込まれています。これは、カンボジアで行われる祭りとしては最大規模のものになるのではないでしょうか。この驚くべきプロジェクトを可能にしたすべての皆様に感謝します」。



今年のアイドルコンテストには、80人以上のワーカーがエントリーしました。3月11日に一次予選が行われ、20人の女性と20人の男性が選ばれました。二次予選は3月18日に行われ、祭り当日の最終選考に出場する10人が決まりました。


Phnom Penh Special Economic Zone
National Road No.4,
12509 Khan Posenchey,
Phnom Penh, Cambodia.

電話:
+855 (0)23 729 798
ファックス: +855 (0)23 729 799

ホットライン
015 668 544 - 電力ホットライン
086 581 777 - 警備ホットライン