Phnom Penh SEZ Enhances Human Resources Development

The Kingdom’s leading international economic zone signs a Memorandum of Understanding with Japanese and Thai organizations to develop dedicated training programs for Cambodian worker

Bangkok, 14th  November 2017 – On the 14th of November, Phnom Penh SEZ Plc. was signing a Memorandum of Understanding (MoU) with the Technology Promotion Association (Thailand - Japan)-(TPA) and the Japan Thailand Economic Cooperation Society (JTECS) in the head quarter of Technology Promotion Association (Thailand-Japan) -(TPA) in Bangkok.

The Technology Promotion Association (Thailand-Japan) - (TPA) is an organization based in Bangkok, has more than 40 years’ experience in providing services related to education, training, consulting and corporate communication while the Japan-Thailand Economic Cooperation Society (JTECS) was established in the year of 1972 in  Tokyo, Japan aims to foster the economic and technological development of Thailand and its neighboring countries, as well as to contribute to the promotion of friendship among these countries.

The goal of this collaboration is to build a tailor-made training program for Cambodian workers. The three organizations will be working hand in hand to develop a general vocational training plan as well as basic training of soft and hard skills.

Initially, the “New Workers Development Program” will be launched this upcoming January 2018. The course is mainly designed to provide workers with basic knowledge of work organization and skills including teamwork, basic safety, basic 5S, grooming and personal hygiene, positive attitude and work ethics. The training will also include various workshops, case studies, role-plays as well as practical exercises.

“This partnership is a fabulous opportunity for Phnom Penh SEZ to further professionalize the workforce within our sites. We are sure it will contribute to boost workers’ productivity and motivation, improve safety in our factories. As we continue to grow, we hope that our continued efforts to improve the skills and knowledge of workers within Phnom Penh SEZ will pave the way for more foreign direct investments in Cambodia as a whole,” says Hiroshi Uematsu, Phnom Penh SEZ CEO.

第3四半期 PPSEZ入居企業との人材・管理ミーティング

PPSEZは10月13日、入居企業44社のみなさんとともに、第3四半期の人材・管理ミーティングを開催しました。今回のアジェンダは、国連開発計画(UNDP)の専門家による人材育成についての話、PPSEZのCSR(企業の社会的責任)事業のご紹介、PPSEZ内における違法薬物に関する規則について、従業者割当申請のプロセスについて、プノンペン都内における公共バスの運行状況について、さらにPPSEZのセキュリティについて、でした。参加者の皆さんは、活発に質問したり、意見を交換したりして、充実した時間となりました。

PPSEZが自発的にドラッグテストを実施

10月7日、PPSEZは警察当局と協力して、同社スタッフにドラッグテストを実施しました。この活動は、PPSEZ入居企業のモデルとなり、違法ドラッグのない職場環境を目指して実施されました。また、ドラッグに関する法律やドラッグ中毒のもたらす健康被害について啓発する目的もあります。PPSEZ経営陣の協力のもと、95人のスタッフがこのテストに参加、全員がドラッグ反応なしでした。

中国の文具メーカーがPPSEZに入居

PPSEZに9月26日、中国企業のHister International Limitedが入居することになりました。同社は、鉛筆、クレヨンなどの文房具を製造する企業で、米国や欧州を中心に製品を輸出しています。その長い歴史と実績をもとに、カンボジアに質の高い製品を作る技術をもたらすことでしょう。操業開始は2018年6月を目指しています。

PPSEZは、同社が無事に操業を開始し、カンボジア事業が成功するように全力でサポートします。また、同社の成功と繁栄が、カンボジアでの雇用創出や経済発展に寄与することを期待しています。

PPSEZ、ニューヨークで国連開発計画(UNDP)と会合

PPSEZのリム・チホー会長と上松裕士CEOは9月20日、米ニューヨークの国連本部で開かれた、国連開発計画(UNDP)による特別イベントに招待されました。このイベントは、国連が定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」を達成するための民間セクターによる投資について意見を交わすもので、国連総会の開催に合わせて企画されました。

「持続可能な開発目標」は、次の17項目を達成すべき目標としています。1貧困をなくそう。2飢餓をゼロに。3すべての人に健康と福祉を。4質の高い教育をみんなに。5ジェンダー平等を実現しよう。6安全な水とトイレをみんなに。7エネルギーをみんなに、そしてクリーンに。8働きがいも経済成長も。9産業と技術革新の基盤をつくろう。10人や国の不平等をなくそう。11住み続けられるまちづくりを。12つくる責任つかう責任。13気候変動に具体的な対策を。14海の豊かさを守ろう。15陸の豊かさも守ろう。16平和と公正をすべての人に。17パートナーシップで目標を達成しよう。

また、リム・チホー会長と上松CEOは9月21日、徐浩良(シュウ・ハオリヤン)国連事務次官補、国連開発計画(UNDP)アジア太平洋局長を表敬訪問しました。徐氏は、PPSEZが今年6月29日にUNDPとの間で覚書を交わしたことについて、高く評価をしました。この覚書は、国連のソーシャルインパクト・ファンド(UNSIF)に基づく最初の合意です。UNSIFの「ソーシャルインパクト」とは、社会的な問題解決と利潤追求が両立するような投資のことをいいます。UNSIFは、UNDPと、こうした社会的投資をおこなう投資家たちが途上国の発展のために協力していこうという取り組みです。

Download SDGs icons according to guidelines at this link:
http://www.un.org/sustainabledevelopment/news/communications-material/

主要入居企業

連絡先

Phnom Penh Special Economic Zone
National Road No.4, Khan Posenchey,
Phnom Penh, Cambodia.

電話         :
+855 (0)23 729 798
ファックス: +855 (0)23 729 799