プノンペン経済特区について

東南アジアでの成功する投資のためのパートナー

過去10年間、カンボジアは、投資と産業化を促進しようと、企業に友好的で積極的な政府が、自由市場政策を幅広く採用してきました。

首都プノンペンは、バンコクとサイゴンの間、東西経済回廊の中心に戦略的に位置し、皆さまの長期的かつ安全な投資に最適です。

厳しいグローバルビジネス環境で競争すべく、カンボジア政府は、輸出政策と許認可を自由化し、企業に様々な恩典を提供する税制改革を実施してきました。

政府はまた、経済特区の開発も推進してきました。インフラが整い、十分なサービスが提供される経済特区は、入居企業に魅力的な恩典を幅広く提供します。プノンペン経済特区のような経済特区は、製造業の生産活動を促進し、輸出を増やし、雇用を創出する、国の成長のエンジンとみなされています。

プノンペン経済特区のお客様には、現地の出先政府機関による行政手続きや、直接的なソリューションなど幅広いサポートが提供されます。

経済特区は、道路、発電と電力供給、給水、衛生施設および下水設備、通信ネットワークのみでなく、診療所、レストラン、銀行、事務室と住宅などのインフラ設備も備えています。外国直接投資の誘致という重要な目的の達成、輸出の増加、さらなる国の経済成長のため、プノンペン経済特区(PPSEZ)は2006年、首都プノンペンの郊外で代表経済特区として設立されました。

総計365ヘクタールを有するPPSEZは(計画参照)3つの段階で開発されています。

第一段階は完了し、58区画の工場用地がすべてお客様に販売されました。追加の20ヘクタールは、工場および工場の経営者と職員に便利な住宅、レクリエーション施設、商業施設を提供するため確保されています。第二開発段階で利用できる産業用地は0.4から1.6ヘクタールまでです。

2010年初頭、プノンペン経済特区は、ISO 9001およびISO 14001を取得しました。品質や現代インフラ、最高水準の顧客サービスのための努力が評価されました。

プノンペン経済特区では、パートナーやスタッフと共に通常のCSR活動およびイベントを行うことで、周りのコミュニティと良好な関係を築きながら、専門的かつ透明な国際基準で運営しています。

次の軽工業、中規模産業、労働集約型産業のプノンペン経済特区へのご参加をおすすめします。

輸出と現地市場の両方向けの機械および電気製品

  • 軽工業化学
  • 衣服、靴、ファッション産業
  • 地域および地方市場向けの食品加工、農業
  • 消費製品(製薬、包装など)
  • 交通
  • 地域および地方市場向けの、最終製品の部品組立
  • 物流会社

個別情報または現地の訪問につきましては、お問い合わせください。

主要入居企業

連絡先

Phnom Penh Special Economic Zone
National Road No.4, Khan Posenchey,
Phnom Penh, Cambodia.

電話         :
+855 (0)23 729 798
ファックス: +855 (0)23 729 799